虹とものブログ

カトリックとLGBTIQの交差点  虹色のともしび mariaLGBTQ@gmail.com

小さな「ちくっ」と、小さな「やった!」

初めまして、社会人生活1ヶ月のたまごです(*^^*)

私は、好きになった相手が好きで、性別はあんまり関係ないのか、あるのかよくわからず。決めなくていいなぁというスタンスです。

この4月から働き始め、環境ががらっと変わりました。
プライベートと仕事は関係ないから!と言うのはよく聞きますが、そうでもないかもしれないとも感じる日々です。

例えば、同性のパートナーがいることを言っていない状態で、その大切な存在の人に何かあったら。。ただでさえ辛いのに、その辛さを話すことさえ職場でできないかもしれない。

例えば、「中の良い同期で、一緒に住もうとしてるみたいです。あ、そっちの気はないみたいですが。」という上司の話に、笑いが起きているとき。

例えば、「どうせ話すことになるから」と、まだ仲良くもなっていない間柄で彼氏だの彼女だのの話をさせられているとき。

「ちくっ」と、心が痛くなりつつ、仕方がないと諦める気持ちが出てきつつ、でもやっぱりこのままではあって欲しくないなと思います。

一方で。。

「パートナーの性別の違いって、そんなに大きな違いだとは私は感じないな」
「卵焼きに何をかけるかの違いくらいの感覚で話せたらいいのにね」
と、何気ない会話の中で、ぽろっと話してくれる人もいて。
「やった!」、「この人になら、話しても大丈夫だ!」と嬉しくなることもあった。

少しずつでも、「ちくっ」を感じることよりも、「やった!」と感じることが増えていけば。。
今の「やった!」が、みんなの「ふつう」なって行く日も来るのかなとか。

そんなことを考えつつ、お昼寝してるお休みの日です。
気持ちのいい4月最後の日曜日、良い1日になりますように!

たまご